セレンディピティの洞窟

ふと浮かび上がった仮説のメモ

チャンピオン

年末、22時か、23時ぐらいに目が覚めた。テレビで紅白を見たり、ボクシング内山の試合を見た。内山は同じ相手に連敗。もう引退してしまうかもしれないな。この試合を見て、思ったことがある。

 
ボクサーは世界中にごまんといる。その中でチャンピオンになれるのはひとり。歴代で言えばもっといるのだろうが、いずれにせよ一握りの存在だ。内山はチャンピオンになってからも10回以上防衛している筋金入りのチャンピオンだった。相性のいい相手なら無敵だったのだろう。
 
しかし、これだけのボクサー人口。相性の悪いボクサーは必ずいる。じゃんけんの三すくみ構造ではないが、強さとは別の「相性」は、どうしても越えられない壁なのだろう。内山はチャンピオンになって何度も防衛を繰り返したところで、劇的に相性の悪いボクサーとやることになってしまったのだ。だから私にはそれが幸運なことのように映った。
 
というのも、プロデビューして間も無く、相性の悪いボクサーと立て続けに当たって連敗してしまえば、自分が弱いボクサーであると痛感してしまう。芽が出る前に引退することになるのではないかと思ったのだ。仮に、彼がその後チャンピオンになる可能性があったとしても、キャリア序盤で相性の悪い相手に連戦連敗した時、歴史に名を刻むチャンスを失ってしまうってこともあり得るんじゃないか。
 
なんてことを、この年末の試合を観て思ったのだった。