セレンディピティの洞窟

ふと浮かび上がった仮説のメモ

1曲でいい

ヒット曲はあるものの、1曲だけブレイクして、あとは鳴かず飛ばずっていうアーティストは、「一発屋」と揶揄される運命にある。ヒット曲1発でずっと活動しているアーティストは、どうやって飯が食えているのか。私には見当もつかない。

 

最近は1990年代の懐メロを聴き直すのがマイブームで、いろいろ漁っては、プレイリストに入れて聴きまくっていた。なかでも山根康広の『Get Along Together』を聴いたときに、YouTubeで当時の映像が見たくなった。

 

映像はすぐに見つかった。ピアノを弾きながら心を込めて歌っている姿を見て、本人はやっぱり上手い。率直な感想だった。しかもこの人はまだ現役で、バリバリ活動しているみたいだ。

 

ファンならともかく、一般的な認知で言えば、『Get Along Together』しか知らない人がほとんどだろう。この曲を気が遠くなるほど歌い続けてきたであろうことは容易に想像がつく。同じ曲をひたすら歌い続けることで、生活ができているのだろうか。私には、それが信じられなかった。

 

山根康広はシンガーソングライターだから、作詞作曲をしている。完全に無の状態から生み出した曲は、自分の分身といっても過言ではないだろう。その曲を歌い続けながら飯を食い続けていることが、なんか体1つで勝負している感じがしてカッコイイと思った。

 

現役で活動しているということは、とうぜん新曲も作り続けているはずだ。でも、私には『Get Along Together』で十分だし、それを上回る良い曲があるとは思えなかった。ファンからしたら失礼な話かもしれないが、私にとってはそうなのである。

 

昔の記憶の中で存在しているセピア色に褪せた状態だからこそ、ノスタルジーを感じるのであり、ノスタルジー・ポイントが加算されているから良いと思えるのも事実だ。

 

したがって、ファンでもなく、彼の物語を共有しているわけでもない私が、いくら新曲を聴いても『Get Along Together』を上回る曲になる確率は低い。ただ、これからも『Get Along Together』をずっと歌い続けてほしいと思っている。同じ歌でも、年を重ねるごとに、皮革製品のような味が出るから、それは見たい。

 

私の場合は、山根康広が『Get Along Together』を歌い続けてきた歴史にこそ感情移入できるのだ。だから私は今後も『Get Along Together』以外の歌を知らずに生きて行くだろう。